阿蘇・なみの高原 やすらぎ交流館
活動紹介 ブログ 交通アクセス サイトマップ お問い合わせ リンク
   
トップページへ

交流館を大解剖
年間スケジュール
プランいろいろ
周辺の観光ポイント

・波野ん便り
・小池野小学校時代
・波野のおすすめ商品
・阿蘇なみの村の歴史
・波野の草花の紹介
・ライブカメラ
波野村の歴史
参考文献:平成9年度村勢要覧

明治2年 このころ村内の小村が合併し、七つの村となる。
   3年 細川知藩事が訓書を出し農民の雑税を減らした。
   4年 このころより明治16年にかけて 知事さんの塔が、
中江小地野赤仁田楢木野・ 笹倉に建立された。
   6年 赤仁田学校設立(楢木野小学校)
小池野小学校設立
遊雀小学校設立
   7年 鳥越小学校(楢木野小学校の前身)設立
境の谷妙光寺設立
   10年 笹倉部落全焼(戦火)
   16年 赤仁田明治井路完成
楢木野玄照寺が白丹より移転建立
   22年 波野村・新波野村・中江村・滝水村・小池野村・小園村・赤仁田村が
合併して波野村となる。
   33年 長畑分教場設立(波野中部小学校)
   34年 犬子迫分校設立
   45年 このころ国道57号線が県道として開通
昭和2年 豊肥線坂の上トンネルが開通
   3年 豊肥線全線開通により、 波野駅滝水駅が開業
東部・北部・大道地区に電気導入
   6年 大道〜小地野間に道路開通
   8年 波野郵便局に波野初の電話が設置される。
   22年 波野中学校楢木野小学校内に開校
波野村消防団が発足
西部・坂の上地区に電気導入
   23年 東部・西部・北部に農業協同組合が発足
   27年 波野村教育委員会が発足
   28年 東部・西部・北部の農協が合併し、波野村農業協同組合となる。
(事務所は旧役場内)
波野村産業振興計画、第一次計画書を作成
   30年 波野村の簡易水道事業が滝水地区より始まる。
   33年 波野村有線放送が設置される。
遊雀小学校が焼失
初めてテレビが入る。
   35年 波野村牛の人工授精事業が開始
波野中学校が合併落成
   38年 波野村役場を、大字波野2710番地に移転落成
第一回村民体育祭が開催される。
   39年 九州横断道路(やまなみ)が開通
波野村診療所が開設
   42年 波野村商工会が発足
   43年 学校給食センターが落成
NHK荻岳中継所が開局
   44年 肉用牛育成センターを笹倉に落成
波野村稚蚕飼育所を建設
   45年 波野村社会福祉協議会が発足
村内で道路舗装工事が始まる。
   47年 第一回村内一周駅伝大会を開催
波野村体育協会が発足
   48年 すずらんの自生地を発見
   50年 ソフトボール愛好会が発足
波野村赤仁田保育所を開設
   53年 波野村西部保育所を開設
波野村総合グラウンドが落成
   54年 波野村轟大橋が開通
   55年 波野村公民館が竣工
第一回波野高原納涼大会を開催
   56年 波野村体育館が竣工
   57年 波野村農村婦人の家が落成
   60年 行政無線を開設
第一回波野高原マラソン大会を開催
   62年 老人憩いの広場・福寿荘が落成
   63年 林業研修集会施設が落成
平成元年 波野村制施行100周年記念式典を実施
    2年 熊本県立劇場で、中江岩戸神楽三十三座を復元公園
農協野菜出荷場(予冷庫)が完成
    3年 波野村そば生産組合が「農林水産大臣賞」を受賞
波野村森林組合が小地野に事務所を移転
神楽苑が落成
    4年 森林組合が産山村と合併し、阿蘇東部森林組合となる。
中江神楽殿が落成
大韓民国釜山直轄市温泉二洞と姉妹締結をする。
第一回神楽フェスティバルを開催
    5年 神楽苑が「道の駅」となる。
島根県金城町と神楽交流が始まる。
    7年 郷土芸能伝承館が完成
波野村保健福祉センターが落成
   11年 小池野遊雀中部楢木野犬子迫分校の
4つの小学校と1つの分校が合併し、 波野小学校となる。
   14年 やすらぎ交流館オープン

  ページの先頭へ
© 波野 2004.All rights reserved 各ページ掲載の写真・音声・映像及び記事の無断転載を禁じます。